HATENKOU

僕がコールセンターで得たこと。コールセンターで働くメリット

コールセンターで得られるものはとても多いです。

今回は、2年間コールセンターで働いた僕が、コールセンターで得た知識やマナーについてや、コールセンターで働いてよかった点などを話して行こうと思います。

パソコンやインターネットの知識がかなり増えた

f:id:shinji92:20200519002629j:plain

コールセンターは、コール後に履歴をパソコンで再生するため、タイピングが早くなります。

でも僕は元々タイピングには自身があったので(笑)そこまで重要ではなかったですw

パソコンの知識が増えた理由としては、僕が一番最初に働いたコールセンターが、パソコンやインターネットの設定、ネット上のトラブルを解決するテクニカルサポートだったからです。

そこは未経験でも、お客様にしっかり対応できるようなれるため、研修がかなり充実していたため、めちゃめちゃパソコンに詳しくなりました。

そのお陰で、今ではショートカットキーを難なく使いこなせるようになりましたし、インターネットの設定などはマニュアルを見なくても余裕でできるレベルになりました。

テクニカルサポート窓口だと覚える内容が専門的なことが多いため、覚えるのは大変ですが、その見返りもかなり大きいため転職に有利になることも多いです。

滑舌がよくなった

f:id:shinji92:20200517191202g:plain

僕は高校の頃まで、滑舌がめちゃめちゃ悪かったんですよ。

一日に10回は「え?」「もっかい言って」と言われていたと思います。

高校時代は飲食店バイトで接客もしていたのですが、それでも直らなかったです。

しかしコールセンターに働き始めてから、自分の話し方を意識するようになり、相手に伝わりやすい話し方に慣れたお陰で滑舌はかなり良くなりました。ベテランオペレーターに比べたらまだまだですが、それでも話し方が良くなっただけで幼っぽさはなくなりました。

研修がしっかりしているところだと、滑舌トレーニングや話し方についても丁寧に研修してくれるため、滑舌を直したいという方はコールセンターはおすすめです。

コミュニケーション能力が上がった

f:id:shinji92:20200514010302j:plain

コールセンターは常にお客様と電話越しで話すわけなので、会話のキャッチボールがうまくなりました。 他の接客業よりも、より応対品質やお客様への心遣いを意識する仕事なので、仕事中ずっとそれを意識していると、私生活で他人と話す時も無意識にコールセンターで得たことで発揮されているんですよね。

以前と比べると会話中無言になることは少なくなりましたし、相手の求める答えを素早く答えれる力が身につきました。

相手の声のトーンや表情、空気感から察す能力だったり。「このタイミングでこれ言う?」みたいなこともほぼなくなりましたね。

あとは滑舌がよくなったことで、自分の声や話し方の自身がついたことも大きいと思います。

説明がうまくなった

f:id:shinji92:20200509182747j:plain

友人や家族と話す際、説明する力が上がりましたね。

相手がわからないことを教える際、相手にわかるように伝えるって結構難しいですよね。

コールセンターでは、わからないお客様に噛み砕いて説明するのも仕事の一つです。

例えば具体例を出したり。相手の年齢層や性別で例えを変えたり。相手が「なるほどね」と納得してくれる話し方ができる様になりました。

仕事をする上で、人と話すスキルってかなり重要ですよね。

いくら仕事が早くても、話し方でお客様を苛立ててしまったら出世はできません。

まとめ コールセンターで得られるものは他のバイトよりも大きい

コールセンターで得られることって、生きていく上で重要なものって本当に多いんですよね。

仕事が電話を取ることなので敬遠されがちな仕事ではありますが、その分得られる知識はコンビニバイトの比ではありません。

大学生やフリーターの方。コンビニやファミレス等で、毎日同じことを繰り返すだけの仕事をするなら、スキルアップできるコールセンターで働いたほうが圧倒的にメリットが大きいです。

就活で有利になりたいだとか、将来に不安がある方は、コールセンターでのスキルアップを目指してみるのがおすすめです!